• 信立寺

ウイルス 対 人間?

 コロナウイルスが全世界で猛威を振るっています。確実な治療法も確立されておらず、目下、感染予防に努めるほかない状況です。


 多くの割合で軽症や、無感症状があることが報告されています。つまり、自覚のないまま他人に感染させてしまうリスクがあるということです。


 自分は大丈夫。本当にそうでしょうか。目に見えないウイルス、多数の軽症者を宿主としてウイルスはひっそりと身を隠し、増殖、感染を広げる。そして、時に急激に重症化し、致死する恐れがある。


 今こそ、一人一人が、感染拡大を阻止すべく、自覚をもって行動すべき時であると思います。世界が一つになって、協力して人類を守る時ではないでしょうか。


 そのためにも、もし自分が保菌者であっても、他人に感染させないように気を付ける事。ウイルスを体内に取り込まないように気を付ける事。一人一人が心がけることで、大きな感染抑止の力になります。


 マスクを着用すること、集団接触を避ける事、手洗い、うがいの励行。体力をつける事。


 全人類が同じ目標に向かって一丸になる。


 人類全体が、人体だとしたら、私たち一人一人はその細胞ではないでしょうか。白血球が菌をやっつけるように、一人一人が考え、行動し、感染拡大を阻止していくことが、人類全体の回復の為に必要なことです。


 これ以上被害を拡大させることなく、早く収束してくれることを祈りつつ、今できることに注力して参りましょう。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

だいぶ更新が滞ってしまい申し訳ありませんでした。 去る5月29日は好天に恵まれ、無事に法要を行う事が出来ました。支えてくただいました檀信徒の方々に、深く御礼申し上げます。 コロナによって、2年に渡り無参列での法要が続きました。参拝者を迎える事が出来ず、非常に残念極まりない事ではありましたが、3年目の今回は、お坊さんだけでもとお願いをし、無参列ではありましたが、従来の形で法要を行いました。 数年ぶり

新型ウイルスの現状を鑑み、当初5月31日に施餓鬼法要を予定致して居りましたが、本年は中止とさせて頂く決定を致しました。  皆様の健康を第一と考え、本年度は住職、副住職、寺族のみで法要を行い、御回向申し上げる次第であります。皆様のご理解を賜ります様お願い申し上げます。  卒塔婆等は、落ち着いた頃に御来山、御参り下さいます様お願い申し上げます。  御檀家の皆様には追って、御葉書をお届けさせていた