• 信立寺

令和元年 お盆  回向とは

 



「目連尊者が法華経を信じ参らせし大善は、わが身 仏になるのみならず、父母、仏になりたもう。上七代、下七代、上無量生、下無量生の父母等、存外に仏になりたもう・・・」

(日蓮聖人)『盂蘭盆御書』

 

 私たちが「お題目」をお唱えし、信じるという行い。それは、私たち自身だけでなく、その事によって、ご先祖から子共たちまでをも救済することに繋がっていきます。

 法華経=お題目、というものはそれ程までに尊いものであります。



法華経の化城喩品第七 というお経に

「願わくば この功徳をもって あまねく 一切におよぼし 我等と 衆生と 皆ともに 仏道を 成ぜん」

と説かれています。

 

 回向というのは、自らの善行が過去と未来とを救うという事なのであります。

 共に精進してまいりましょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

だいぶ更新が滞ってしまい申し訳ありませんでした。 去る5月29日は好天に恵まれ、無事に法要を行う事が出来ました。支えてくただいました檀信徒の方々に、深く御礼申し上げます。 コロナによって、2年に渡り無参列での法要が続きました。参拝者を迎える事が出来ず、非常に残念極まりない事ではありましたが、3年目の今回は、お坊さんだけでもとお願いをし、無参列ではありましたが、従来の形で法要を行いました。 数年ぶり

新型ウイルスの現状を鑑み、当初5月31日に施餓鬼法要を予定致して居りましたが、本年は中止とさせて頂く決定を致しました。  皆様の健康を第一と考え、本年度は住職、副住職、寺族のみで法要を行い、御回向申し上げる次第であります。皆様のご理解を賜ります様お願い申し上げます。  卒塔婆等は、落ち着いた頃に御来山、御参り下さいます様お願い申し上げます。  御檀家の皆様には追って、御葉書をお届けさせていた